不動産のことならクレバージャパンエステート

menu
011-206-8183に電話を掛けるアクセスお問い合わせ

  1. ホーム
  2. 不動産のFAQ
  3. BACK PAGE

ご安心ください!

このようなお悩みを抱えているのは、あなただけではありません。
不動産を「ご購入・ご検討」される方が一度は想うことです!
意外といられていない不動産の常識や、他では教えてくれない不動産業界の「当たり前」をまとめてみました!

マイホームを建てる際、頭金はどのくらいかかりますか?

住宅ローンを利用する場合、少しでも借り入れを抑えるためにも、住宅価格の20%は確保したいですね。諸費用まで考えると、30%程度用意した方がよいとされています。

マイホーム購入を検討中です。一戸建てとマンションのメリット・デメリットを教えてください。

どちらに、将来は老朽化して建物の管理や回収など必要となります。マンションは、毎月の積立金が徴収されます。持ち家は、ご自身の事前の予想額と計画性が必要でしょう。クオリティについては、ご本人の好みになりますね。

家と土地、どちらを優先して選ぶべきですか?

中古建てですと、土地・建物が一緒に購入できます。立地と環境が良く、価格も妥当であれば、先に土地購入もいいでしょう。その場合、上物は新築になりトータルは高くなります。

価格交渉はできますか?

もちろん、できます。購入物件はもちろん、引っ越し費ほか残置物の処理・処分費用、古屋の解体費用などは専任する不動産業者に任せると安いです。

古い中古住宅は耐震性などに問題がありますか?

昭和56年建築基準法改正(旧耐震基準・新耐震基準)されています。昭和56年6月1日以降に建築確認済みの建物を新耐震とし、判断基準となります。

※自ら耐震改修をすればローン減税の適用になります。

他のローンを組んでいても、住宅ローンは組めますか?

組めます。
住宅ローンの借り入れ金額は個別事情(ほかの借り入れ額)と合わせて、年収に対する年間返済額の割合が決まります。(返済率)

不動産(住宅、土地、アパート、マンション)を購入したいのですが、諸経費はどのくらいかかるのでしょうか?

購入価格の5%から7%かかります。ローン設定するか否かで違います。

今、住んでいる住宅を売却してマンションを購入したいのですが、まず何をすればよいですか?

まずは、今お住まいの住宅の査定です。次の購入物件の目安がたてられます。

住宅ローンを使って中古住宅を購入したいですが、最長何年間の支払いが可能ですか?

建物構造で違います。耐用年数の残余年数となります。
(例)木造の耐用年数22年、現在築12年(22年-12年=10年間)

※土地は、別途査定

有限会社クレバージャパンエステート

〒060-0062
札幌市中央区南2条西12丁目324番地2
ヴィラ・プリンス2F

TEL:011-206-8183 FAX:011-206-8789

携帯電話:090-8898-8487

お急ぎの方は携帯電話まご連絡を頂けると幸いです。

011-206-8183に電話を掛ける

© 2021 clever japan estate Co.Ltd.