不動産のことならクレバージャパンエステート

menu
011-206-8183に電話を掛けるアクセスお問い合わせ

  1. ホーム
  2. 不動産売却について
  3. BACK PAGE
不動産の売却をおこなう際には、不動産を一般のお客様が主に購入する「仲介」での売却方法と不動産会社が直接購入する「買取」での売却方法の2通りがあることはご存知でしょうか?不動産の買取と仲介による売却方法では、それぞれメリット・デメリットがあり、特徴が異なります。
そこで、それぞれの売却の流れと合わせて、買取での売却方法について、詳しくご紹介します。

「仲介」と「買取」の売却の流れについて

不動産を売却する方法としては、大きくわけて「仲介」と「買取」での売却方法があります。そこで、まずは「仲介」と「買取」の売却の流れの違いを確認してみましょう。

「仲介」での売却方法は、売却する不動産を不動産仲介会社に売却依頼(媒介契約の締結)をおこなうことで、売却することが可能となります。
「仲介」の場合は、不動産仲介会社が不動産を購入するのではなく、主に一般の個人のお客様が購入することとなりますので、販売活動をおこない購入希望者を探す必要があります。そこで頼りになるのが我々、不動産仲介会社です。
我々クレバージャパンエステートでは、既に登録されている購入希望のお客様や来店のお客様への物件のご紹介とあわせて、不動産ポータルサイトなどのインターネット媒体への掲載や、新聞折込チラシなどの各種広告媒体を使って、広く購入希望者を探します。
不動産の購入検討者が見つかると、売主と購入検討者の間に入り、契約条件の折衝や契約手続きなど、各種調整をおこないます。また、契約が完了した後も不動産の残金決済・お引渡しが完了するまで、我々が売主・買主をあらゆる面でサポートをおこないます。このように売主と買主の間に不動産仲介会社が立つことで、「仲介」においても安心・安全に不動産の売却が可能となります。
一見すると「仲介」の場合と売却の流れは同じように見えますが、大きく異なる点としては、売却スケジュールに一番影響を与える、「広告・販売期間」が不要となることです。「買取」での売却方法では、買主が不動産会社となるため、仲介の場合のように、一から購入希望者を探す必要がなく、我々に売却の相談をおこなってから不動産売買契約の締結、残金決済・引渡しに至るまでの期間が、仲介の場合よりも圧倒的に短くできることが最大の特徴です。

不動産買取のメリット・デメリットとは

仲介の場合と比較した際の、買取のメリット・デメリットを次のとおりご紹介します。

ご自身の売却ご事情に合った売却方法を選択しましょう!

ご紹介してきたとおり買取の場合は、仲介よりも売却価格が低くなる可能性もありますが、売主の希望条件に沿って、早期に不動産を現金化できることが一番のメリットであるといえます。

売却後の予定が決まっている際には、いつまでに不動産を現金化しなければいけないのかの売却手続きの完了期限をまず確認の上、もし、売却スケジュールに余裕があると見込める場合には、はじめに不動産仲介会社による「仲介」での販売活動を依頼し、一定の期限までに購入希望者が見つからない場合には、「買取」に切り替え、最終的に不動産会社に「買取」をしてもらうというハイブリット型の売却方法も状況によっては可能となります。

このような場合には、どの時点まで仲介による売却方法を取り、どの時点で買取による売却手続きに切替えるかの厳密なスケジュール設定が必要となります。
そのためにも信頼できる不動産仲介会社選びは重要です。

我々クレバージャパンエステートでは、「買取」、「仲介」のどちらのご売却方法でも可能です。まだ、売却を決めていなくても、早い段階から査定依頼することをおすすめしています。それが結果、満足のいく売却となるからです。売却査定依頼や売却相談も無料で承っています。お客様の売却のご事情に応じた最適なご提案をさせていただきます。

有限会社クレバージャパンエステート

〒060-0062
札幌市中央区南2条西12丁目324番地2
ヴィラ・プリンス2F

TEL:011-206-8183 FAX:011-206-8789

携帯電話:090-8898-8487

お急ぎの方は携帯電話まご連絡を頂けると幸いです。

011-206-8183に電話を掛ける

© 2021 clever japan estate Co.Ltd.